静岡で眼科をお探しの方、たの眼科クリニックへ

白内障手術における多焦点眼内レンズのご案内

多焦点眼内レンズを使うメリット

近くと遠くに焦点が合うので、メガネへの依存度が減ります。職業柄、メガネやコンタクトレンズが装用できない方も良好な視力を得ることができます。

多焦点眼内レンズを使うデメリット

ピントがやや甘くなったり、薄暗い場所では細かな文字が見えにくい場合があります。また、夜間ヘッド ライトやネオンサインの光がにじんで眩しく見えることがあります。人によっては慣れるまでに時間がかかります。

グレアハローの例

単焦点眼内レンズと多焦点眼内レンズの違い

白内障手術に使用する眼内レンズには、単焦点眼内レンズと多焦点眼内レンズの2種類があります。単焦点 眼内レンズはその名が表す通り、1つの距離に焦点を合わせた眼内レンズのことです。

単焦点眼内レンズ

単焦点眼内レンズを入れた後は白内障の濁りがなくなり非常に見やすくなりますが、1つの焦点しか合わないため、手元の新聞も、遠くの看板も両方の距離がくっきり見えるという訳ではありません。近く(手元の距離)に焦点を合わせた眼内レンズを入れた方は、遠くをみる時には遠距離用のメガネが必要となります。 遠く(数メートル先)に焦点を合わせた方は、遠方はある程度見えますが、手元を見るときに、近距離用のメガネが必要となることがあります。

単焦点レンズの説明の図

多焦点眼内レンズ

多焦点眼内レンズは、焦点を1つの距離のみに合わせる単焦点眼内レンズと異なり、遠距離、中距離、近距離など複数に焦点が合います。近くや遠くの焦点が合うようになります。 多焦点眼内レンズは、若い頃のような見たいところに 焦点を自由に合わせてくれる水晶体とは違うので、位置により見えにくい場合は、メガネが必要となることもあります。また、細かい文字を読んだり、長時間読書をする時なども、メガネをかけたほうが楽な場合もあるでしょう。それでも、単焦点眼内レンズを入れた後のように、見たいところや物の位置に合わせて、いくつものメガネを使ったり、頻繁にメガネをかけたり外したりすることから解放されます。職業柄、メガネやコンタクトレンズの装用ができない方はもちろん、メガネをかける頻度や本数を減らしたい方には好ましいと言われています。多焦点眼内レンズは、遠距離、中間距離、近距離など複数に焦点を合わせられるよう設計されています。多焦点眼内レンズでの見え方に脳が慣れるには、年齢や個人の差はありますが、一般に数ヶ月程度かかると言われています。また、暗いところでは単焦点眼内レンズと比べ、くっきり感がやや落ちる可能性もあります。薄暗い場所や夜のライト等を見ると、光の輪やまぶしさを感じることもありますので、特にレンズを入れた後の数ヶ月間は、夜間の運転等には注意が必要です。

多焦点レンズの説明の図