近視の予防治療について

近視進行の予防に

当院では臨床研究に基づいて開発された、マイオピン(Myopine)(0.01%アトロピン配合)を使用して、
お子様の近視進行抑制治療を行っております。

近視の進行を抑える目薬として期待されているMyopine(マイオピン)は、低濃度アトロピン点眼で、近視進行抑制を目的に作られた点眼薬です。

Singapore National Eye Centre( SNEC:シンガポール国立眼科センター)の研究に基づいて開発されています。

※シンガポール国立大学の臨床試験で、0.01%アトロピンの近視抑制効果が証明されました。
Ophthalmology 2012;119(2):347-54

 

マイオピン点眼薬の効果、安全性は?

マイオピン(アトロピン配合)点眼薬は、近視進行の原因である眼軸長の進展を抑制するという点で効果が確認されています。

近視の進行には遺伝的要素、環境的要素が関係していると考えられますが、背景には眼の奥行の長さ(眼軸長)が伸展することが近視進行の原因となります。

低濃度アトロピン点眼は眼の眼軸長伸展に関係する神経に働きかけ、その働きを抑える効果があると考えられています。
また低濃度であることから、従来起こりうる下記のようなアトロピンの副作用を最小限にしております。

安全性が非常に高い治療薬です。

1.瞳孔がひらき続けることによる、まぶしさと強い光による不快感や目の痛み
2.目の遠近調節機能(手元を見る作業)が低下し、近くの物がぼやけて見え、読み書き等近くを見る必要がある作業が困難になる
3.アレルギー性結膜炎及び皮膚炎

シンガポール輸入による点眼になりますが、国内でも多くのクリニックで採用されております。

注意点としては、近視の進行が完全にストップするものではないということです。進行にブレーキをかけるという意味では期待されている治療薬になります。

またオルソケラトロジーとの併用療法はさらに予防効果が高まると考えられています。

 

治療対象

6歳以上の方

 

費用について

保険適応外にて自費となります。
診察および検査代  2000円税込
点眼1本 3000円税込

 

治療経過

初回は1週間後に診察をおすすめします。
副作用等の大きな問題がなければ近視の進行がないかを確認するために3ヶ月から6ヶ月毎の診察が良いでしょう。

 

処方本数について

点眼本数はまとめて購入も可能です。数に限りがあるため、1回の処方は最大5本までとします。
在庫がない場合は後日お渡しになることがあります。