手術について

当院では月〜金ほぼ毎日手術を行っております。

当院では患者さんのことを第一に考えた手術を行うことを心がけています。

その一つとして患者さんのスケジュールを優先して手術日程を決めています。あらかじめ決められた日程での診察や手術を受けることが難しい方も都合に応じて対応可能な日を調整させていただくことができます。

手術は月〜金(臨時休診除く)に行っております。

当院で対応可能な手術・治療(全て日帰り手術となります)

【日帰り手術・レーザー治療】
白内障手術、緑内障手術、硝子体手術(受け入れ制限あり)、翼状編手術
レーザー治療(糖尿病、網膜裂孔等)
硝子体注射(加齢黄斑変性等)

オペのイメージ

白内障は年齢と共に進行するものから、糖尿病やステロイド内服などの影響で発症するものまで原因は様々です。治療法としては現時点では手術加療が唯一の治療法となりますが、手術希望がない場合は点眼加療で様子を見ることも可能です。

詳細を見る
オペのイメージ

当院で行える緑内障手術は流出路再建術というものになります。
この手術はすべての緑内障が対象ではありませんが、眼内の水の流れ、主に排水をよくすることで眼圧を下げることを目的とした治療です。

詳細を見る
オペのイメージ

黄斑前膜は、黄斑上膜、セロファン黄斑症、黄斑パッカーとも呼ばれ、網膜の中心である黄斑の前に張る繊維状の薄い膜ができる病気です。
角膜の病気や水晶体の濁り(白内障)と異なり、眼球の奥底に生じます。

詳細を見る
オペのイメージ

翼状片とは白目(結膜)の一部が黒目(角膜)に伸びてきてしまう病気です。
原因としては①加齢②タバコを良く吸う③紫外線の影響を受けやすい環境での生活といったような人に起こりやすいと考えられています。

詳細を見る
オペのイメージ

硝子体注射に対しても当院では手術室を使用して行いますので、感染予防においても万全の環境で行っております。

詳細を見る
オペのイメージ

日中、メガネもコンタクトもない暮らしで快適な裸眼生活を楽しみませんか?
オルソケラトロジーは就寝時に特殊なコンタクトレンズを装用するだけで一定時間裸眼で生活することができる治療法です。

詳細を見る