硝子体手術について

黄斑前膜とは?

黄斑前膜は、黄斑上膜、セロファン黄斑症、黄斑パッカーとも呼ばれ、網膜の中心である黄斑の前に張る繊維状の薄い膜ができる病気です。
角膜の病気や水晶体の濁り(白内障)と異なり、眼球の奥底に生じます。

最近テレビなどでよく特集される加齢黄斑変性は、網膜の裏側から新しい弱い血管(新生血管)が生えて起きたり、黄斑が萎縮してしまうと失明することもあります。

一方、黄斑前膜では新生血管が生えないため、出血や萎縮が起きることは少なく、基本的には失明に至らない比較的良性の病気といえます。しかし、見え方が悪くなることにより、生活に支障をきたすこともあります。

高齢者のほとんどがかかる白内障は非常に有名な病気ですが、黄斑前膜も網膜の病気の中では最も多い病気のひとつで、40歳以上のおよそ20人に1人がなると言われています。中でも50歳から70歳ぐらいの情勢に多い傾向があり、日本の失明原因第1位の緑内障に合併することもあります。

黄斑前膜は早期発見が重要です!

黄斑前膜の症状として、歪み、大きく見える、霞んで見えるなどがあります。
中高年の方は目の見え方に十分気を配り、少しでも症状があれば眼科受診をおすすめします。

診断には、視力検査、歪みの検査、眼底検査を行いますが、最近では、高精細な盲目構造を短時間で痛みもなく検査できる光干渉断層計(OCT)が診断にとても有用です。

進行して視力がかなり低下したり、網膜が変形してしまった場合は、手術をしても視力が十分に回復しないことが多くなります。早期発見すればm早期治療により視力の回復が良いとの報告もあります。視力が少し低下してから手術を行うことが一般的ですが、視力が良好でも歪みなどの症状が強い場合は手術を行うこともあります。

黄斑前膜の中には、より重症な黄斑円孔のような所見を示すものもあり、偽円孔といわれています。
これは、視力がよく、検診などで偶然見つかり自覚症状も乏しく経過観察することが多いのですが、症状がある時は手術をすることもあります。

黄斑前膜の治療は?

視力も良好で、自覚症状も少なく、日常生活や仕事に支障のない方は、手術を行わず経過観察で良いこともあります。

治療は手術のみになりますが、術後経過には個人差があり、状態にあった適切な時期に手術を行う必要があります。
手術を行う場合、硝子体手術だけを行うと後に白内障が進行することがあり、硝子体手術だけでなく白内障手術も行うことがあります。白内障手術は、黒目の恥に2〜3mmほどの穴を開けて行います。

硝子体手術は白目に1mm以内の穴を3ヶ所ほど開けて行い、硝子体を取り除いた後に、網膜の表面に張り付いている黄斑前膜をピンセットで丁寧に取り除きます。

黄斑前膜にの裏にある内境界膜も取り除くことが多く、その際は手術を行いやすくするため、ステロイド剤や染色剤を使います。網膜の周辺部に裂孔などがあれば、手術中にレーザー光凝固を行うこともあります。

最近の白内障手術・硝子体手術は極小切開が主流で術後の異物感や痛みなどもほとんどありません。